アラフォーの副業ブログ

様々な会社や業務を経験して今は金融機関でグローバルのマーケティング担当をやっているアラフォーが、副業や起業で脱社畜するブログです。

副業は2段階で考えるとうまくいく 〜二段階副業論のススメ〜

私自身、副業を実践しながら、このブログでは、これまで様々な副業を紹介してきました。

f:id:penpen40:20190126195534j:plain

今後も副業の紹介や、実際に副業をしながらそのやりやすさや儲かるのかどうかなど、副業をしたい人、している人に役立つ情報を提供していきたいと思っています。

さて、副業には、様々な「スタンス」があると思います。

たとえば下記のようなものです。

  • あくまで本業(多くはサラリーマン)を続けるが、収入の足しにする
  • 本業で倒産やリストラの憂き目に遭ったときに備えたリスクヘッジ
  • 本業のスキルを活かしてさらに磨きをかける
  • まずは副業で始め、いずれはそちらで独立する

私は、どちらかといえば最後のスタンスです。

一生サラリーマンを続けたくはないと思っています。

同じような考えの方も多いと思います。

副業で大きく稼ぐということ

さて、どのようなスタンスや目標を持つかによって、副業でどの程度稼げるようにしたいのかという目標も変わってきます。

私のように、副業でいずれはサラリーマン脱却を目指す人間にとっては、最低でも本業以上、なるべく多くの金額を稼ぐというのが目標になります。

しかし、そうなると一つの壁にぶつかります。

様々な副業をやっても、そうそう大きくは稼げないという壁です。

稼げる副業はそんなに多くはない

本業をやりながらという、時間的あるいは身分的制約の中でできる副業では、そうそう大きく稼ぐことは難しいです。

もちろん、数千円、数万円稼ぐことは少しやればほとんどの人はできるのですが、それ以上に、数十万、数百万稼ごうと思うと、いきなり難易度が極端に上がります。

数千円、数万円稼ぐのも嬉しいのですが、それだけでは将来が見えません。

本業も忙しい中、それではだんだんとやる気もなくなってしまうでしょう。

二段階副業論

そこで提唱するのが、「二段階副業論」です。

二段階というぐらいですから、二つの段階を組み合わせた副業です。

具体的に言えば

  • 副業A:短期的かつ継続的に少額(数千円〜数万円)をコンスタントに稼ぐ副業
  • 副業B:中・長期的に、少額を元手に大きい金額(数十万〜数百万円)に増やしていく副業

の2つを組み合わせるということです。

最初の少額の方は、たとえば下記でご紹介しているような、ライターやココナラ、アンケート回答、せどりが最適でしょう。

www.career40.net

www.career40.net

www.career40.net

www.career40.net

人脈を使うというような変わり種も紹介しました。

www.career40.net

また、場合によっては、短い時間からできるアルバイトもターゲットになってきます。

www.career40.net

上記のような副業は、誰でもすぐに始められます。

これらの副業で、短時間・短期間・少額で継続的に、数千円・数万円を稼ぐというのを一つの柱にします。

上記でご紹介したものは、多くが無料で登録できてすぐに始められるものです。

そして、これらの「副業A」と同時に、下記のような、元手が必要な「副業B」も進めていきます。

たとえば不動産投資、FX、株式、フランチャイズ、ECサイト運営などです。

www.career40.net

www.career40.net

これらは元手が必要である一方、まとまったお金をかけて実施することで、大きな金額が動きます。

そして、収益も大きくなりますので、十分独立も狙うことが出来ます。

こういった副業で、数千万稼ぐ人はザラです。

思わぬ効果も

さて、この二段階副業論ですが、思わぬ効果もあります。

一見すると2倍忙しくなるようにも見えますが、実際にやってみるとそんなことはありません。

忙しくはなるのですが、短期少額の副業Aだけをやっていますと、なんか悲しくなってくるんです。

はあ、数百円や数千円のために、何をやってるんだろう・・・というような感じです。

ですが、それはあくまで、数十万円、数百万円あるいはそれ以上の大きな稼ぎに結びつけるものと考えれば、自然とやる気もわいてきます。

また、副業Bだけをやっていると、金額の大きさに不安がつのったり、損失が出たときに動揺したり、そもそも元手がなくてなかなか始められなかったりするのですが、副業Aと組み合わせていると、コンスタントに上がる収益が別にあるため、それらの不安や悩みが軽減されます。

というわけで、二段階副業論は、副業A、Bを組み合わせることで、相乗効果が生まれるのです。

私はこの方式でいっていますし、このブログでもこの方式で副業は紹介していきます。

ぜひお試しください。