アラフォーの副業ブログ

様々な会社や業務を経験して今は金融機関でグローバルのマーケティング担当をやっているアラフォーが、副業や起業で脱社畜するブログです。

在宅ワーク(クラウドソーシング)サービス比較(案件数、手数料比較まとめ)

近年、ランサーズやCrowdWorks などをはじめとして、クラウドソーシングサービスが拡大してきました。

f:id:penpen40:20190128230605j:plain

背景には、副業の一般化が間違いなくあります。

皆さんも、会社で「副業」という言葉を聞く機会が、ここ1〜2年で急増してきたのではありませんか?

私の周りはそうです。

下記にも書いたように、経済産業省が中心となって、パラレルキャリアという名前で副業を推進しているという追い風もあります。

www.career40.net

また、副業がこれほど一般化してきているのは、正社員でずっと働いても昔ほどの安定が見込めなかったり、より自由な生き方を求める人が増えてきたことも背景にあるのでしょう。

上記でも書いた通り、経済産業省が推進する副業は、だいたい下記のような文脈です。

  • 本業のスキルを他社でも活かすことにより、個人の収入の幅とスキルアップの機会を拡大すると同時に、人手不足解消の一助にもする

このブログもテーマが副業なので、この流れはウェルカムです。

主要なクラウドソーシングサービス

さて、話がそれましたが、上記記事にまとめた経済産業省のレポートにもある通り、副業の拡大のためには、スキルを持った個人と、それを必要とする会社の間を取り持つ「プラットフォーマー」が不可欠です。

「こんなスキルがあります」という個人と、「こんな仕事が出来る人を探しています」という会社をマッチングさせて、手数料を取るビジネスです。

いわゆるプラットフォーム型ビジネスと呼ばれるものの典型です。

まず思いつくのが、老舗の「ランサーズ」、それから「CrowdWorks 」です。

また、新興のサービスもいくつも登場しています。

それぞれのサービスには特徴がありますので、より自分のスキルに合ったサービスに登録することで、有利でマッチングしやすいお仕事に当たることが出来るでしょう。

クラウドソーシングの手数料

さて、このクラウドソーシングサービス、フリーランスですでに活用している方が多いかと思いますが、バカにならないのが「手数料」です。

そう、プラットフォーム型ビジネスであるため、胴元である運営会社は、マッチングして案件が成立すると、「手数料」を徴収します。

ネットオークションやメルカリと同じですね。

ただ、これが高い。

明らかに価格競争が不十分なレベルの手数料を取られます。

おおむね20%というのが相場です。

つまり、働いたアウトプットに対して企業が払うお金の5分の1は、クラウドソーシングサービスに取られてしまうのです。

さらには、振込手数料もかかります。

もちろんマッチングのしやすさもありますが、十分な案件数があるのであれば、より手数料が安いサービスを使うのが、受注・発注双方にとって合理的です。

そのため、今回は下記3サービスについて、手数料を比較していきたいと思います。

  1. ランサーズ
  2. CrowdWorks
  3. Bizseek

 クラウドソーシングの手数料比較

まずは最大手のランサーズですが、依頼金額が

  • 20万円超:5%
  • 10万円〜20万円:10%
  • 10万円以下:20%

です。

CrowdWorks も、ランサーズとまったく同じです。

  • 20万円超:5%
  • 10万円〜20万円:10%
  • 10万円以下:20%

次にBizseek ですが、

  • 10万円超:5%
  • 10万円以下:10% 

となります。

いずれの価格レンジで見ても、Bizseek が最安となります。

また、いずれも500円の振込手数料がかかります。

さらに、仕事を依頼する場合、Bizseek はなんと手数料が無料です。

仕事の件数

手数料は、仕事を依頼する場合も受注する場合も、圧倒的にBizseek が安いという結果になりました。

つづいて、募集がかかっている仕事の件数(執筆時点現在)ですが、

ランサーズが1,366,855件

CrowdWorks が1,234,975件

Bizseek は840件

となっており、こちらはさすがに老舗のランサーズ、CrowdWorksの2強といった状況です。

総合評価は?

というわけで、収入に直結する手数料と、仕事の決まりやすさである案件数で比較していきました。

結果として、

となりました。

また、案件数はランサーズとCrowdWorksが拮抗しており、料金では若干CrowdWorks が安くなっています。

よって、

  1. 自分のスキルにフィットする案件をまずはBizseek で探す
  2. 上記になければ、案件数豊富でランサーズより安いCrowdWorksで探す

という探し方が合理的だと思います。

いずれも、登録は無料なので、下記からまずは登録されることをおすすめします。 

【手数料最安:Bizseek(登録無料)】

【案件数最大規模:CrowdWorks(登録無料)】