アラフォーの副業ブログ

様々な会社や業務を経験して今は金融機関でグローバルのマーケティング担当をやっているアラフォーが、副業や起業で脱社畜するブログです。

いろいろあるココナラ系C2Cサービスの特徴と違い(大きく分けて4パターン)

これまで個人がお仕事を探そうと思えば、企業からの求人を探すか、自分で起業するしかありませんでした。

ですが近年、ココナラに代表される、個人が自分の特技やスキルを出品し、それを企業や個人が購入する、という形のC2Cサービスが増えてきました。

副業をテーマにしている当ブログでも何度も取り上げてきました。

この系統のサービス、実は大きく分けて4つほどのパターンがあります。

具体的には、下記の4つです。

  • ココナラ系
  • タイムチケット系
  • クラウドソーシング系
  • ストリートアカデミー系

それぞれ微妙に異なっており、自分がどのタイプが合っているのかを見極めて利用するのがいいと思います。

どれも登録・出品は無料なので、何度も書いてきたように、とりあえず登録・出品してみることをおすすめします。

これほど敷居が低い副業はないですからね。

では、一つずつ見ていきましょう。

f:id:penpen40:20190210044950j:plain

ココナラ系

まずは、このジャンルの草分け的存在である、ココナラに代表される「ココナラ系」からです。

当ブログでは、下記のような記事でご紹介してきた、副業に最適のサービス群です。

www.career40.net

www.career40.net

www.career40.net

この系統は、とてもシンプルです。

「500円で占いをやります」「1000円でサイトのバナーやロゴを作ります」「SEOのやり方、3000円で教えます」「EC運営マル秘リストを3000円であげます」など、特技を値段を付けて出品するだけです。

成立したら手数料が取られるタイプなので、裏を返すと登録・出品は無料です。

それでいて、どんな内容でも出品できるため、まずは登録してみて、どんな出品があるかを眺めながら、自分でできそうなことを出品してみることをおすすめします。

最大手が下記のココナラです。

ココナラ

また、「スキル」というキーワードに焦点を当てた「スキルクラウド」も有名です。

スキルクラウド 得意や強みを出品して収入get!

タイムチケット系

さて、2つめは、「タイムチケット系」です。

これは、当ブログでは下記にて紹介したサービスです。

www.career40.net

ココナラ系によく似ているのですが、違う点としては

  • 時間を出品する

というところです。

「30分2500円で恋愛相談受けます」「1時間6000円でSEOのノウハウを伝授します」など、30分単位で自分の時間を出品します。

上の記事でも書いたとおり、具体的なモノがなくても大丈夫なので、アイデアをそのまま無料で出品することができます。

商材を無料で無限に作り出せるのです。

これが、タイムチケット系の強みです。

ヒマな会議中や通勤通学中に、商材を考え、それをスマホで簡単にアップすることができます。

それだけでウェブ上から収益を得る可能性を生み出せるのです。

登録・出品無料なので、とりあえず何でも登録していくことをおすすめします。

【タイムチケット】

クラウドソーシング(ランサーズ)系

さて、「クラウドソーシング系」は、少し毛色が違ってきます。

C2Cというよりは、フリーランスのお仕事受注サイトというイメージです。

ランサーズが草分けですが、要は個人のフリーランス向けの、Web制作やライティングなどのお仕事がたくさん登録されているサービスです。

もちろん、フリーランスでなく、サラリーマンであっても、空き時間でアルバイト感覚で収益を生み出すことができます。

下記の記事に書きましたが、手数料が馬鹿にならないため、自分に合った案件があるなら最安のBizseekを、豊富な案件から探したければ、ランサーズと同じくらいの案件数があって手数料が安いクラウドワークスを利用するのがいいでしょう。

www.career40.net

登録無料ですし、仕事に応募するのも無料なので、まずは登録して利用してみることをおすすめします。

案件数が多くて手数料がランサーズより安いクラウドワークスはこちら。

クラウドワークス

手数料が一番安いのは、こちらのBizseek。合う案件があれば、こちらを利用するのがいいでしょう。

Bizseek

ストリートアカデミー系

最後は、「ストリートアカデミー系」です。

これは、ココナラの中から講座や勉強、資格系だけを抜き出して特化したようなサービスです。

【ストアカ】

プロやセミプロがその分野の講座を開き、それを1人〜複数の生徒が応募して受講します。

講座を受けるだけでなく、そのジャンルが強ければ、自分で「先生登録」ができますので、これもC2Cサイトと銘打たれています。

ココナラやタイムチケットで引きが強くなってくれば、このストアカでより大人数相手にまとめて講座にすれば、収益の効率も高くなっていきますし、ゆくゆくはそのジャンルで食べていけるようになるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

近年増えてきた同じC2C系サービスでも、各系統で、結構違うことが分かっていただけたと思います。

ぜひ自分に合ったサービスを探して、その中で稼いでいってください。

上のものはほとんどどれも登録や出品が無料なので、まずはとうろくしてみましょう。