アラフォー副業通信

副業に役立つ情報を発信していきます。

アフィリエイトブログ運営のためのTwitter活用のコツと注意点

アフィリエイトブログを運営していると、記事の拡散が一つのテーマになります。

有力な手段の一つがSNSで、中でも文字ベースのサービスでかつユーザー数が多いTwitterは、必須といってもいいでしょう。

当ブログでも、Twitterを活用しています。

ただ、使い方にはコツがあります。

アフィリエイトへのTwitter活用については

  • とても役に立つ、絶対やるべき
  • 大してアクセスには貢献しない

という2つの意見が世の中にはあります。

私は、「とても役に立つ、絶対やるべき」派なのですが、使い方を間違えると後者になってしまいます。

そのため、どうやったらアフィリエイトブログのアクセスアップにTwitterを効果的に活用できるかを、まとめたいと思います。

まずは基本から

とても基本的な話からします。

多くのブロガーがやっていますが、Twitterアカウントを作り、それをブログとリンクさせます。

はてなブログでも、WordPressでも、Livedoorでも、Twitter連携機能というのが搭載されています。

そのため、Twitterアカウントを作り、@以下のアカウント名を、上記連携機能設定に入力します。

そうすれば、すべてのエントリーに自動で「この記事をTweetする」機能が実装されます。

また、ブログのプロフィール欄には、自分のTwitterへのリンクが自動で張られることがほとんどですので、ブログからTwitterへ行ってもらい、フォローしてもらい、継続して見てもらえるユーザーを増やすことができます。

そして、自分のTwitterでは、ブログと同じジャンルのツイートや、ブログの新エントリーの紹介をツイートすれば、徐々にフォロワーが増えていくでしょう。

フォロワーを増やすために

ただし、フォロワーはなかなか増えません。

すでにブログがよほど有名な人か、よほど面白いツイートをし続けない限り、フォロワーは本当に増えません。

そうですよね? だって、あなただって、バズってるツイートを見て笑うことはあっても、その人をフォローしようとはしないでしょう。

バズって数十万人にツイートが見られたとしても、増えるフォロワーは多くて数十人、下手すると数人程度です。

f:id:penpen40:20190218010943j:plain

また、特に始めたばかりですと、フォローする方も警戒するのか、結構ツイートがバズってもフォロワーはほぼ増えません。

ではどうするのがいいのか?

これは賛否あるのですが、フォロー数を増やすというのが一番手っ取り早いです。

フォローすれば、一定割合の人はフォローを返してきます。

それを続ければ、自然にフォロワーが増えていきます。

(ただし、やり過ぎるとアカウント停止になるので、一日20にとどめておく必要があります)

フォロワーが増えれば、ツイートがバズった時にフォロワーもより増えやすくなるのです。

ただ、この手法に賛否がある理由として、そもそもランダムにフォローした結果フォロー返しをしてきたアカウントというのは、概してロイヤリティが低いです。

あちらが「このアカウントは面白い!」と思ってあなたをフォローしたわけではないので、ツイートのインプレッションが増えても、ほとんどはスクロールで流されていて、まともには読んでいないでしょう。

ただ、数は力なので、このやり方で一人でも増やしていき、粘り強く面白いツイートや役に立つツイートを毎日続けていれば、徐々にフォロワーの質も上がってきます。

フォロワーの質

さて、その「フォロワーの質」ですが、手法のほかにもう一つ重要なポイント・コツがあります。

それは、「宣伝型のアカウントを避ける」ということです。

あなたと同じくアフィリエイトをやっているブロガーのアカウントや、商材を売ろうとしているアカウントは、フォロー返し率が高いです。

彼ら彼女らも、あなたと同じ意図でTwitterを使っているからです。

あなたも、アフィリエイトブログの露出を増やすためにランダムでフォローしまくったアカウントのツイートは、ほとんど見ないと思います。

そのため、上記のような「フォローしまくって一定数のフォロー返しでフォロワー数アップを狙う作戦」では、結果としてかなりの割合がこの「宣伝型」になってしまいます。

そのため、ランダムフォローをするにしても、少しでも自分のブログに興味がありそうなアカウントを選んで、さらに彼ら彼女らにとって少しでも役立つ・面白いツイートを続けていきましょう。

そうすることが、あなたがフォローした人にとっても、あなた自身にとっても、意味のある有用なTwitter活用になります。